手形・足形アートって何?その時だけのお子さまの成長記録を残そう

Pocket

ご訪問ありがとうございます。

手形アート作家のけんもちえみこです。

写真や映像、お子様が描いたイラストや、幼稚園などで制作した制作物など、お子様の成長を残す方法は様ざまです。

その中でもおすすめしたいのが、お子様の“今”を残すことができる「手形・足形アート」です。

お子様が生まれた産婦人科などで、出産の記念に手形や足形をもらったという方が多いと思いますが、手形・足形アートは可愛らしい作品として、お子様の手形や足形を残すことができます。

 

今回は、

  • 手形・足形アートとは?
  • 手形・足形アートの3つの役割と作る時期
  • 手形・足形アートが作れる場所

この3つについてご紹介いたします。

手形・足形アートとは?

手形・足形アートは、インクや絵の具を手や足につけて、布や画用紙にスタンプのように押して、手形や足形に生き物や植物などを描くアート作品のことです。

手形や足形だけでなく、お子様が描いたイラストや絵、折り紙で作った動物や花などを組み合わせることもできます。

子供の成長は早く、新生児の頃はお母さんやお父さんの指を1本、手の平全てを使って握るのが精一杯だった赤ちゃん。

それが2歳になると、手の長さは約10cm程度になり、3歳になると11cm程度と、1年につき約1cmずつ伸びていきます。

成長ごとにゆっくりと大きくなっていく手や足は、記念に型取りをしておくと、数年後、十年後、子供が成人する時に見返すと、「こんなに大きくなったんだ」という記念になります。

そういったお子様の成長記念として、手形・足形アートを作るお母さんやお父さんが多く、近年注目されているアート作品です。

手形・足形アートの3つの用途!いつ作ればいい?

手形・足形アートは、一つの作品としていろんな想いを込めることができます。

例えば、

  • 成長記念
  • 成長記録
  • プレゼント

では、これら3つの手形・足形アートの用途は、いつ制作すればいいのでしょうか?

記念になる成長の節目がおすすめ

手形・足形アートは、お子様の手や足型を布や画用紙に描くことで、その時のお子様の手や足の大きさをそのまま残すことができます。

お子様の手や足の大きさは、その時だけのもの。

少し時間が経てば、お子様は成長して手や足も成長していきます。

その時の手や足の大きさを可愛く残すことができる手形・足形アートは、生後100日やハーフバースデー、1歳のお誕生日、七五三など、成長の節目に制作しておくとよい記念になるでしょう。

定期的に残すことで成長記録になる

成長の記念だけでなく、定期的に手形足形アートを制作することで、とても可愛らしい成長記録を作ることができます。

例えば一つの節目であるお誕生日ごと、お子様の手形・足形アートを作ることで、誕生日を迎えるごとに大きくなるお子様の成長をそのまま残すことができます。

おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントになる

手形・足形アートは、お子様の成長をそのまま閉じ込めることができる唯一の作品なので、おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントにとても喜ばれます。

プレゼントするときは、制作した手形・足形アートの画用紙や布のサイズに合わせた額縁やフレームに入れたり、ラミネート加工することで時間が経っても作品の劣化を防ぎ永く楽しめます。

敬老日やおじいちゃん・おばあちゃんの誕生日、帰省の際の手土産に最適です。

コロナ禍でなかなか帰省ができない時でもプレゼントとして送ることができますので、ページ下よりお問い合わせくださいね。


手形・足形アートはどこで作れるの?

手形・足形アートは、画用紙と布、絵の具やインクがあれば自分で制作することができますが、デザインがなかなか思いつかない、道具を用意するのが大変、汚れるなど、お悩みがつきないと思います。

その場合、手形・足形アートを行っている教室やイベントで、手形・足形アートを制作することができます。

手形アート作家であるけんもちえみこは、東京港区港南にある子供のための書道教室「みなと書道教室」内で手形アート作家として活動しております。

けんもち えみこは、2018年よりpetapeta-artアドバイザーとして活動しており、これまで一年間で300組以上のお子様の手形・足形アートを制作してきました。

2019年にはpetapeta-artインストラクター養成講座を受講し、認定を受けたことでpetapeta-artインストラクターとして活動しており、イベントやワークショップをはじめ、petapeta-artを仕事にしたい方へのpetapeta-art養成講座を行なっております。(オンライン開催で全国や海外と講座実績があります)

まとめ

手形・足形アートとは、お子様の手形や足形を布や画用紙などにスタンプして、動物や植物などをモチーフにアート作品にすることです。

手形や足形と一緒に、折り紙で作った動物などを飾ったり、お子様のイラストや絵を一緒に残すこともできます。

手形・足形アートはお子様の成長記録や成長記念だけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントにとても喜ばれます。

手形・足形アートは自分でも作ることができますが、専門の教室やイベントなどで手形アート作家と一緒に作ることも可能です。

東京港区港南にある書道教室「みなと書道教室」でも、お子様の手形・足形アートを作ることができます。

オンラインでワークショップ開催も受け付けております。

気になることがあればいつでもお問い合わせフォームよりお声がけください。



    新しい手形アートのカタチ|フローティングフラワーフレーム手形アートについてはこちら

    ホームページやInstagram、LINE公式アカウントで最新情報をお届けしておりますので、ご確認くださいね。

    LINE公式アカウントでもお申込みを受け付けております♪

    LINE公式アカウントから友達追加から、①名前、②メールアドレス、③電話番号、④ご希望の商品をコメントしてください。

    友だち追加