出産後に記念品となる赤ちゃん手形足形アートなら

Pocket

ご訪問ありがとうございます。

手形アート作家のけんもちえみこです。

出産後に記念品となる赤ちゃん手形足形アートなら

赤ちゃんを妊娠中から赤ちゃんグッズを揃えたり、内祝いや自宅用に記念品を選ぶ時間が増えることと思います。

赤ちゃんとの生活を想像しているとついつい色々なものが欲しくなっちゃいます。

 

赤ちゃんが産まれてからは1日中赤ちゃんのお世話につきっきりになり、忙しい毎日にとなりますが、赤ちゃんとの思い出や、赤ちゃんのメモリアルを残すのに妊娠中から考えてピックアップしておくと後で迷わなくて済みます。

 

赤ちゃんの記念品をご自宅用に購入するとしたら、赤ちゃんの手や足のサイズをそのまま残すことができる手形足形メモリアルグッズを一つは残しておくことをおすすめします。

 

今回は、出産後に記念品となる赤ちゃん手形足形アートについてご紹介します。

 

赤ちゃんを出産したら手形足形の写真を撮ろう

 

赤ちゃんの成長は目まぐるしく早く、特に初めての育児だとあっという間に数ヶ月経ってしまうこともあります。

妊娠中が比較的ゆっくりと赤ちゃんのことだけを考えて過ごすことができる唯一の時期です。

 

まだ自由に動ける妊娠中に出産後の過ごし方や計画をしておくことが、赤ちゃんが産まれて慌ただしく過ごすときより、一品一品マイペースに調べることができます。

 

赤ちゃんのお洋服類やベビーベットなどの育児グッズや内祝いには目が行きがちなのですが、成長が早い赤ちゃんのその時々のカタチを残すことをおすすめします。

 

ここからは、手形足形を取るコツをご紹介します。

 

寝ている時がチャンス!手形足形を取るタイミングは?

 

「手形足形を取るのは難しそう」と感じる方が多いですが、新生児は寝ている時間が長いので、赤ちゃんが寝ている間に手形足形をとれば簡単です。

 

使用するインクや絵の具は、赤ちゃんのデリケートなお肌に使える安全性が高く低刺激のものを用意するようにしましょう。

 

また、手形足形用のスタンプやインクパッドも販売していますので、そちらを購入しておくのも良いと思います。

 

赤ちゃんの手や足にインクや絵の具をつけて、画用紙や布にスタンプすれば、赤ちゃんの手形足形が完成します。

 

動物や植物に見立ててデザインする手形足形アート

 

画用紙に手形足形を取るのも良いのですが、赤ちゃんのカタチを記念に残すのなら可愛くデコレーションしても良いです。

 

手形足形アートの素晴らしさは、取った手形足形を数多くの動物や植物をモチーフに仕上げられることです。

 

作った作品は、部屋に飾ったり、アルバムにしたり、おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントに最適な作品に仕上がります。

 

デコレーションに使用するのは、ペンや色鉛筆・マスキングテープ、シールなど、100円ショップや文房具店で簡単に揃うものなので、出産準備の時に用意しておくといいでしょう。

 

好きにデザインして、フレームに入れ飾ることでおうちの中をパッと明るく華やかに演出することができます。

 

毎月の記念ごとに手形足形を取って実寸大の成長を残せる魅力

 

赤ちゃんの手や足で作った手形足形アートは、その時の成長を、その時の大きさで残すことができる唯一の成長記録になります。

 

赤ちゃんの成長は早く、産まれた時は6〜8cmの足も1年で10cm〜に成長します。

長さだけでなく、横幅や、シワ感もどんどん変化していきます。

 

そのため、妊娠中に手形足形アート作成タイミングやスケジュールを検討しておくと良いです。

 

赤ちゃんの成長記録は、赤ちゃんのためのものというよりはママの宝物にもなるので、余裕がある時にぜひ作れるように検討しましょう。

 

東京都港区の書道教室で手形足形アートを作ろう

 

手形足形アートは、絵の具やインク、画用紙、布など材料を自分で用意することで、自宅で手軽に作ることができます。

 

「部屋が汚れるのが気になる」「デザインが思いつかない」という場合も多いですが、この場合は手形足形アート教室やイベントで作ることもできます。

 

全国に手形足形アートを行う教室は点在していますが、まだまだ少ないのが現状です。

 

その中でも東京都港区にある「みなと書道教室」では、手形足形アートの専門知識を持つ手形アート作家が、対面で手形足形アートの作り方やデザインについてレクチャーを行います。

 

季節のイベントや、目的に応じた手形足形アート作りができるので、例えばおじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントに手形足形アートを作りたいという方も多く訪れます。

 

わからないことなどあれば、ホームページの問い合わせフォームから問い合わせができるので、ぜひご利用ください。

まとめ

出産後に記念品となる赤ちゃんの手形足形アートについてご紹介しました。

 

  • 妊娠中から手形足形アートを作るタイミングやスケジュールを計画しよう!
  • 手形足形アートは、好きなようにデザインできるから、一生の思い出になる
  • 記念日ごとに手形足形を取れば、実寸大の成長記録になる

手形足形はその時だけのものなので、すぐに成長するお子様の成長記録や思い出作りにぜひ作ってみましょう。

 

材料を用意すれば自宅で作ることができますが、「部屋が汚れるのが気になる」「デザインが思いつかない」という場合は、手形足形アート教室やイベントで作ることができます。

 

東京都港区の「みなと書道教室」では、手形足形アート教室を行なっているので、赤ちゃんの誕生記念に手形足形を残すなら、ぜひ参加してみてください。

 

教室が遠くて参加が難しい方には、オーダーで手形足形アート作品を制作することが可能です。

Minato.の手形足形アートオーダーについて

1,000名以上の赤ちゃんの手形足形をカタチにしてきた手形アート作家が、出産後すぐから手のひらや足裏の写真で作品に仕上げます。

 

私について

「手形足形を宝物に」をコンセプトに手形アート作家として活動しております。

手形足形アートイベントとオンラインオーダーを行なっております。

お花や植物を使用した手形足形アートが得意で、フローティングフラワーフレーム手形アートを考案いたしましたが^_^

 

赤ちゃんとママのことを考え、一つ一つ丁寧に制作しています。



オーダーについては、過去の手形足形データを実寸で再現しデザインにすることが可能で得意としてます。

 

完全に握ったお写真でなければ、だいたい再現することができます。

これは直接お子さまの手形足形に触れ、アート作品を制作してきた経験からになります。

手形足形スタンプや写真の撮り方の悩みにも対応

・親指だけ握ったままだけど大丈夫?

・中指と薬指が重なっているけど大丈夫?

・手形スタンプがよれたり、滲んでいるけど大丈夫?

・手や足が小さく映った写真しかないけど再現できますか?

 

という相談もOK!



今まで手形足形のスタンプを取ったことが無い方、

新生児時期は過ぎてしまったけど、新生児時期の写真から手形足形をカタチにしたい方、

今更記念に残すなんて無理、、、と諦めていた方も是非ご相談くださいね。



     

    親子で手形アート制作を楽しめる

     

     

    新しい手形アートのカタチ|フローティングフラワーフレーム手形アートについてはこちら

    ホームページやInstagram、LINE公式アカウントで最新情報をお届けしておりますので、ご確認くださいね。

    LINE公式アカウントでもお申込みを受け付けております♪

    LINE公式アカウントから友達追加から、①名前、②メールアドレス、③電話番号、④ご希望の商品をコメントしてください。

    友だち追加